餅は餅屋 米は米や 酒はあたらし屋

Home | ログイン | お問い合わせ

新潟 | 日本酒 | 新し屋-あたらしや酒店
TEL 025-382-2345

新潟亀田 新し屋酒店

私心が生まれたお話

当店が初めて手掛けたプライベートブランド商品が、
大吟醸古酒「私心(わたしのこころ)」です。

「自分の理想の酒を作る」
・・・それは酒の販売を生業とする者なら、一度は持つであろう大きな夢です。
しかし、「やりたい」とひとつ言ったところで自分で醸すわけにもいきません。
この小さな酒屋の構想に耳を傾けて下さる酒蔵を探すため、
幾つか蔵元さんに話をして回りました。
酒の味を一から造り出す完全プライベートブランドの話なのですから、
なかなか頷いてくれる蔵元さんがないのは当たり前です。
しかしその中で、この想いを受け止めて下さった蔵元さんがひとつありました。

売れるか売れないか先のことはさっぱり見えないにも関わらず、
「良い酒を造りましょう」と言って下さった蔵元さんの確かな技術のもと、
初めての造りが行われました。
その年は、まだ姿なき酒に尽きっきり。まるで幼い子を育てるかのように無我夢中でした。

一年目、待ちに待った利き酒の日。
「美味しいが何かが足りない。この先に可能性があるのでは・・・。」
早く出荷したい気持ちをぐっと押さえ、もう一年寝かすことにしました。
するとその一年後、酒の表情がガラリと変わり、数段旨みが増しました。
いよいよ皆さまに呑んで頂ける!と気持ちもいっぱいに膨らみましたが、
「ここまで待ったんだ。もう一年辛抱して、この酒を見極めたい。」と、
この酒の更なる可能性に懸けることを決意したのです。

・・・三年目、ひとたび口に含んで感じたのは、なんともいえないまろやかさ。
一瞬で香りと旨みが口の中でふんわり優しく膨らみました。
三年がかりでようやく完成したこの大吟醸古酒は、まさに「私心(わたしのこころ)」。 三年の想いを考えると、この酒の名前は墨彩画家 本庄先生に由来するこの言葉以外には考えられませんでした。

こうして三年の時を経た酒は、
当店のプライベートブランドとして自信を持ってお勧めできる、
珠玉の一本となりました。


大吟醸古酒 私心~わたしのこころ~
長期低温熟成が生み出した、ふんわりまろやかな味わい。

3年の長期低温熟成を経て完成した、
あたらし屋酒店珠玉のプライベートブランドです。
ひとたび口に運ぶと、まろやかな旨みが豊かに広がり、
ふんわりと優しい香りがその美味しさに華を添えます。

また、このお酒はすすんで贈呈用にもお使い頂ける品として、
信州の墨彩画家 本庄先生によるオリジナル干支ラベルを八種類ご用意しております。
贈り物にとお使いになられる場合にはぜひ贈り先のかたの干支ラベルをご指定下さいませ。
あなた様の「こころ」がしっかりと伝わるひと品となることと思います。

私心(わたしのこころ)ラベル早見表
*あたらし屋酒店PBラベル全集もぜひ併せてご覧下さい

※この商品は現在、販売をお休みさせていただいております。